漢方内科は、古代中国で発達した医学をもとに、室町時代末期に中国より伝来した後世方(ごせほう)と、江戸時代中期に伝来した古方(こほう)の両者を現在までによりよく折衷した東洋医学です。中国の歴史は長く、漢方薬も奥深く発展しており、患者様によっては漢方で大きく症状が改善される方も多くいます。

当院では、漢方専門医により、漢方治療を希望される患者様はもとより、西洋医学と東洋医学を効果的に取り入れ治療に当たっています。また、インフルエンザや花粉症なの、現代を代表する病気や症状にも、漢方治療を行っております。

「今までいろいろな治療や薬を使ったけど、症状が良くならない」といった患者様は、当院、漢方内科を受診されては如何でしょうか。

 

※一部、自費による漢方薬も扱っています。
※中医学の知識も取り入れ、煎薬の処方も行っております。
※軟膏、健康食品等も相談に応じます。