呼吸器内科は、気管支、肺、胸膜(肋膜)、呼吸の病気や異常に関して専門的な診療を提供する診療科です。

咳がなかなか良くならない、咳をするとゼーゼーいう、歩いたり坂道を登ったりすると息がきれる、胸が痛い、痰に血が混じる、寝ているときにいびきがひどい・息がとまると言われた、レントゲンで影があると言われた、などの症状がある方は呼吸器・肺・気管支・胸膜(肋膜)に異常があるかもしれません。これらに思い当たる方は、一度呼吸器内科の診察を受けてみられることをお勧めします。

呼吸器内科で診療する主な疾患は肺癌、肺炎、肺結核、肺非結核性抗酸菌症、肺真菌症、
インフルエンザ、急性気管支炎、気管支拡張症、間質性肺炎・肺線維症、サルコイドーシス、
気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、胸膜炎、悪性中皮腫、気胸、
縦隔腫瘍、睡眠時無呼吸症候群などです。