消化器外科は、消化器(食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、脾臓)全般、ヘルニア等に関する病気に対して専門的な診療を行っています。また、診断のついていない方については検査後外科的治療が必要がどうかを判断いたします。

食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆嚢癌、胆管癌、膵癌など消化管の悪性腫瘍、良性腫瘍。胆石症、急性虫垂炎、消化管穿孔、ヘルニアなどの疾患を対象としています。

また、下記の症状がみられる方はご相談下さい。

  • 胸やけがするとき
  • 食べ物を飲み込みにくいとき
  • 嘔気、嘔吐 があるとき
  • コーヒーの残渣様のものまたは新鮮な血を吐いたとき
  • お腹が痛みだしたとき
  • お腹が張った感じが続くとき
  • 便に血がまじる または黒い便がでるとき
  • 下痢がつづくとき
  • 突然便通が不規則になった。また便通がなく不快感を感じるとき
  • これといった理由がないのに体重が減ったとき
  • 皮ふや眼が黄色くなったり、尿が茶色になったと感じるとき
  • 疲労感をつよく感じるようになったとき・腹痛、はきけ、嘔吐など胃腸の症状
  • 鼡径部の膨隆、腹部腫瘤
  • 健康診断で胃腸の異常や便鮮血陽性を指摘された

内視鏡検査については「検査のご案内」をご覧ください。

検査のご案内